山本容子のアンテナにふれたモノ・コト・ヒト
by case_yamamoto
カテゴリ
全体
モノ
コト
ヒト
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
crescent
最新のコメント
ゆきこさま 更新がすっ..
by case_yamamoto at 13:40
こんにちは~。スッキリし..
by ゆきこ at 14:58
ちょっと欲しくなりますよ..
by case_yamamoto at 21:46
ほんと!!カップがかわい..
by you at 22:06
どうもどうも。 ご報告..
by case_yamamoto at 23:21
待ってました!韓国旅行編..
by ゆきこ at 06:23
コードがないっていうスト..
by case_yamamoto at 13:18
あらー、コードレス、良い..
by ゆきこ at 00:07
gouさん ええ。。評..
by case_yamamoto at 21:14
youさん おまたせ~..
by case_yamamoto at 21:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日帰り長崎トリップ
コレに乗って(九州の列車はどれもホントに快適)
e0130607_18334355.jpg

車窓にはコンナ穏やかな有明海を見ながら
e0130607_18335682.jpg


到着した駅でコレを買い移動は全て路面電車
e0130607_18365496.jpg



発祥の店でコレを食し
e0130607_18341379.jpg


そこからすぐ近くのココへ(小学校の修学旅行以来)
どんよりしてきたものの、むしろそんな天気が似合ってて素敵
e0130607_18354353.jpg


当時の浦上の貧しい信者達が持ち寄った大金で取り寄せられた
美しすぎる聖母マリア
e0130607_18432920.jpg

天主堂を美しく飾る窓
e0130607_18475966.jpg

e0130607_18481163.jpg

和洋折衷のかわいらしい姿を囲うように増築され更に美しい洋建築になったらしい


しばらく坂を上りこちらのお宅へおじゃましました
e0130607_22381561.jpg

日本最古の木造洋風建築 ご存知”グラバーさん家”
e0130607_22385836.jpg

全方位に広がる大きな庇のテラスは
室内と屋外を結ぶあいまいな領域である日本の縁側(この場合濡れ縁?)のような
雨の降り込みや強い日差しが直接室内に入るのを防ぎ、
洋風ながら蒸し暑く雨の多い日本の暮らしにもうってつけだったにちがいない
しかもこの家、正面玄関がない。
縁側があった昔の日本の家も玄関ではなく、縁側から
回覧板渡したり、野菜あげたりもらったり、おしゃべりしたり
なにかそのようなコミュニティーが生まれていそうな(もっとオシャレな感じで)
e0130607_22391532.jpg

e0130607_22393553.jpg

装飾ガラスも複雑で凝っている
e0130607_2391294.jpg

煙突に接するサンルーム
ガラス張の太陽光のみならず暖炉の煙突の熱でも温室を暖めていたのか?
e0130607_23192871.jpg

某ビールメーカーのラベルのモデルとなったと言われる狛犬がいた
e0130607_2321243.jpg


広い広い台所
e0130607_23221677.jpg

e0130607_232344.jpg

e0130607_2323302.jpg

e0130607_23225360.jpg

裏の離れに茶葉を煎る部屋があった(↓窯)
e0130607_23245757.jpg

馬小屋
e0130607_23261112.jpg


大人になって改めておさらいすると見る目が違っておもしろいなー



日が暮れるまでまだまだ・・・ということで少し足を伸ばして



長崎くんちでおなじみの諏訪神社
e0130607_23285385.jpg

立派な狛犬をはじめ全てがダイナミック
e0130607_23362858.jpg

パワースポットらしかったのでちゃんと調べて行けばよかった。
とりあえず、お金は洗いました。
e0130607_2338872.jpg


夕方近くなり商店街付近で
九州最古の喫茶店「ツル茶ん」(発祥の~、最古の~が事欠かない)
e0130607_2342529.jpg

このレトロな店で
e0130607_23423925.jpg

ミルクセーキ
e0130607_23425895.jpg


長崎新地中華街で腹ごしらえしていよいよ

                                  ~ つづく ~
[PR]
# by case_yamamoto | 2017-02-07 23:47 | コト
1月のおわりに星祭り
e0130607_16301821.jpg


ひとつ歳をとりました。

免許更新に行かねば・・・
前回はおよそ半年ほど忘れてました。
なんと今回は運転歴31年にして2度目の”ゴールド免許証”
忘れるわけにはいかない    (↑↑↑ たったの)
e0130607_16465422.jpg

1度目のときは更新してうかれていたら、あえなく1週間で捕まった苦い思い出
まったくゴールド感味わうことなくブルーな気分に突き落とされました。
今回は早々に捕まらないように
出来るだけ運転しないようにしたい(←うそ)

1月29日は
五朗がお世話になっている「香正寺」にて”星祭り”が行われたので参加してみました。
黒田家ゆかりの寺でなにげにすごい。本堂も立派です。
e0130607_1655693.jpg

お上人(日蓮宗での住職の呼び方)に素朴な疑問を聞いてみました。
Q「この天蓋(上のゴールドの吊り飾り)は掃除はどのようにするのですか」
A「年に1度専門業者におねがいしてます」
TVでよく見る本願寺などの「すす払い」みたいのことではないのでした。
e0130607_17274524.jpg

                                写真:産経ニュースより
ちなみに
Q「素材は何製ですか?」
A「ここの(香正寺)は木で出来ています」
たしかに全て金属では荷重が半端ではないだろうなぁ。



祈願祭・豆まき・福引き・ぜんざい会が行われます
e0130607_1765245.jpg

床暖房完備の快適な本堂の中で満席の約300名
5名の若い上人たちによる日蓮宗の法要 
ヘンな言い方かもしれないが
アップテンポでなんかカッコイイ
途中からライブでも見ているかのような錯覚(笑)

そのあと参加者(客席)を1人ずつまわり加持祈祷
お経が書かれた巻物をあてられ全員が清められるのでした。

ここは鬼をお祭りしているので

「鬼はそと」とは言わず
e0130607_1771125.jpg

「福はうち」のみ
e0130607_1772658.jpg


福引きは
誕生日のラッキーナンバー奇跡の[29]でしたが
e0130607_17454581.jpg

なにもあたりませんでした。。

神社の節分ではなく、お寺での星祭り
おもしろかったので、来年も行こうと思います。


(善星皆来 悪星退散)
善い星を呼び寄せて、悪い星を追い払う

(七難即滅 七福即生)
七つの災難を七つの福に変える
e0130607_1784929.jpg


しっかり祈願し新たな1年です。
[PR]
# by case_yamamoto | 2017-01-30 17:41 | コト
2017年が始まった
もう少し正月モードです。

今年のエントランスは根引き松
e0130607_20255653.jpg

大地を踏みしめ地に足がついた生活が送れるように
成長し続けるという意味が込められています。

門松と同じく年神様をお迎えする依代で
正式には雄松、雌松を一対で両サイドに取り付けるのが基本だそうですが
神様が降臨清浄な場所を示す為の標識として
いつもは注連縄を飾る場所に掛けました。

年神様をお迎えする気持ちが大事。


社内には
平野明作のめでたい「鯛」の張子
稲穂と共に実りある一年になりますように
e0130607_20474935.jpg


酉年ですね。
ミーティングルームには
所長が買ってきてくれた熊野神社の小さな酉の土鈴です。
e0130607_1171173.jpg


5日の仕事はじめには
ケイスみんなでうどんを食べて初詣
一番近い小烏神社に行ったら
すでにお正月モードなし。。ここは三が日だけなのか?
来年は別神社にしようか

今日は七日
さっそく2名ほど風引きではありますが
無病息災を願って今年も一口づつですが七草粥
e0130607_20594434.jpg



あと358日 頑張りましょう!
[PR]
# by case_yamamoto | 2017-01-07 21:03 | コト
松島のイタリアンシェフ
早朝に天神を出発し、バスを乗り継ぎ呼子へ
e0130607_19121489.jpg

その島に渡る舟は午前1便午後2便
漁船を覚悟していたら、予想を裏切るちょっとしたクルーザー
e0130607_19133769.jpg


20分そこそこで小さな教会がある船着場に到着
e0130607_1915587.jpg

島民50人ほどの”松島”に上陸するとシェフ直々にお出迎え
島を紹介しながらご案内
e0130607_19214364.jpg

息が切れるほどのかなりの急斜面を登ると
(この先が倍くらいの傾斜となりアキレス腱がよく伸びました)
e0130607_19261214.jpg

輝く海を見下ろす自宅兼レストラン
e0130607_19345374.jpg

島出身の若き宗勇人シェフ(26)の熱い思いと
e0130607_19435810.jpg

海士であり漁師のシェフの父が獲った新鮮な魚介と
e0130607_19401665.jpg

島のおかあさん達が大切に育てた安心な野菜たちのめくるめく料理
e0130607_1945654.jpg

e0130607_19451840.jpg

e0130607_19453470.jpg

e0130607_1945489.jpg

e0130607_1946489.jpg

e0130607_19461619.jpg

e0130607_19462644.jpg

e0130607_19464483.jpg

e0130607_19465844.jpg

e0130607_19471090.jpg

次の舟が出向する13時半に間に合うようにきっかり終了
山梨からわざわざ足を運ばれた老夫婦も交えアットホームなひとときでした。


サーブしてくれた弟のタカヒロくん19才
e0130607_2033151.jpg

お別れに海へダイブ
e0130607_2035052.jpg

e0130607_2041275.jpg

e0130607_2042941.jpg
 

豊かな海の食材だけでなく
将来はオリーブや柑橘系フルーツなどを
島民え育て特産になればという夢もあるという
20代の若者がちいさな過疎の島に残る勇気
久しぶりに応援したいと思いました。
e0130607_2045870.jpg



「Ristorante MATSUSHIMA」
      唐津市鎮西町松島3488-1
      080-2738-2655
  ランチ11:30のみ 完全予約制
[PR]
# by case_yamamoto | 2016-10-31 20:11 | ヒト
専務(五朗~二朗)
今日は

五朗専務の命日
e0130607_20182633.jpg


みんなで法要に行ってきました。

早いもので丸2年

今となっては、スタッフの半分は五朗を写真でしか知らない。

それでもありがたいことに参列してくれました。



ケイスは五朗なしには語れない。

会社設立の立ち上げメンバー

朝の出勤から深夜の帰宅までのハードな日々の私達に
まったく同じ生活リズムでフラフラになりながら付き合い
会社でひとり留守番も多かった。
飼い犬としてはハードすぎて決して楽な生き方ではなかったはず。
それでもいつも笑顔をふりまき
あたたかなフサフサの毛に触れるだけで癒された。
そして、最後は
ちゃんと看取れる完璧な日を選んで旅立った。


次の専務を迎えるにあたり
このコピーが背中を押してくれた。
e0130607_20461163.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
死ぬのが恐いから

飼わないなんて、

言わないで欲しい。


おうちを汚すから飼わないというなら、

犬はお行儀を身につけることができる。

留守がちだから飼わないというなら、

犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力するかもしれない。

貧乏だから飼わないというなら、

犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・死ぬのが恐いからって言われたら、

犬はもうお手上げだ。すべての犬は、永遠じゃない。

いつかはいなくなる。でもそれまでは、

すごく生きている。すごく生きているよ。

たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、

飼い主たちは、大変であつくるしくって、

幸せな時間を共有しているはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、伝えて欲しい。

犬たちは、あなたを悲しませるために

やっては来ない。あなたを微笑ませるためだけに

やって来るのだと。

どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を

預かってみるのは、人に与えられた、

素朴であって高尚な楽しみでありますよと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


五朗がそうであったように二朗はケイスにたくさんのものくれる。
たいへんなことも、めんどくさいことも、なごませたり癒しや笑顔も

五朗にしてやれなくて心残りだったこと
できるかぎり体験させたりすることで
心が少しづつ軽くなるのを感じる。


そして五朗はこれからもケイスを見守り続けてくれるはず。
[PR]
# by case_yamamoto | 2016-10-19 21:03 | ヒト