山本容子のアンテナにふれたモノ・コト・ヒト
by case_yamamoto
カテゴリ
全体
モノ
コト
ヒト
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
crescent
最新のコメント
ゆきこさま 更新がすっ..
by case_yamamoto at 13:40
こんにちは~。スッキリし..
by ゆきこ at 14:58
ちょっと欲しくなりますよ..
by case_yamamoto at 21:46
ほんと!!カップがかわい..
by you at 22:06
どうもどうも。 ご報告..
by case_yamamoto at 23:21
待ってました!韓国旅行編..
by ゆきこ at 06:23
コードがないっていうスト..
by case_yamamoto at 13:18
あらー、コードレス、良い..
by ゆきこ at 00:07
gouさん ええ。。評..
by case_yamamoto at 21:14
youさん おまたせ~..
by case_yamamoto at 21:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ヒト( 76 )
所長の言い訳
夜中に腹がヘリ、スタッフのお菓子に手をつけたとき

「あー。夜、羽のはえた天使がバタバターァて来てからくさ

ゴソゴソ食べよったばい」

天使もいい迷惑

かなりのイメージだうんである。
[PR]
by case_yamamoto | 2017-04-17 10:30 | ヒト
ほぼ月刊 CASE TIMES 2017 4月号 Ⅱ
桜の盛りも終わり
e0130607_164949.jpg

ひと雨ごとに新緑が眩しくなってきました。
e0130607_16503912.jpg


夜中に、ヨシオくん 何してるかと言うと
e0130607_16512997.jpg

先日受けた新人研修のもようを身振り手振り説明中でした。
e0130607_16524775.jpg

このあとは、なぜかものまね大会へ突入
二朗専務もやや呆れ顔です。
e0130607_16542659.jpg



おやつがある日は・・・持ち回り店長


今日は【ヨシオバックス】
e0130607_16554781.jpg


【ヨシオバックス】を味わう
【喫茶松尾】と【カフェ・ド・コジョー】と【KURODAcoffee】の店長さんたち
e0130607_1657415.jpg


【カフェ・ド・コジョー】は辛口です。
e0130607_16594713.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2017-04-11 17:02 | ヒト
松島のイタリアンシェフ
早朝に天神を出発し、バスを乗り継ぎ呼子へ
e0130607_19121489.jpg

その島に渡る舟は午前1便午後2便
漁船を覚悟していたら、予想を裏切るちょっとしたクルーザー
e0130607_19133769.jpg


20分そこそこで小さな教会がある船着場に到着
e0130607_1915587.jpg

島民50人ほどの”松島”に上陸するとシェフ直々にお出迎え
島を紹介しながらご案内
e0130607_19214364.jpg

息が切れるほどのかなりの急斜面を登ると
(この先が倍くらいの傾斜となりアキレス腱がよく伸びました)
e0130607_19261214.jpg

輝く海を見下ろす自宅兼レストラン
e0130607_19345374.jpg

島出身の若き宗勇人シェフ(26)の熱い思いと
e0130607_19435810.jpg

海士であり漁師のシェフの父が獲った新鮮な魚介と
e0130607_19401665.jpg

島のおかあさん達が大切に育てた安心な野菜たちのめくるめく料理
e0130607_1945654.jpg

e0130607_19451840.jpg

e0130607_19453470.jpg

e0130607_1945489.jpg

e0130607_1946489.jpg

e0130607_19461619.jpg

e0130607_19462644.jpg

e0130607_19464483.jpg

e0130607_19465844.jpg

e0130607_19471090.jpg

次の舟が出向する13時半に間に合うようにきっかり終了
山梨からわざわざ足を運ばれた老夫婦も交えアットホームなひとときでした。


サーブしてくれた弟のタカヒロくん19才
e0130607_2033151.jpg

お別れに海へダイブ
e0130607_2035052.jpg

e0130607_2041275.jpg

e0130607_2042941.jpg
 

豊かな海の食材だけでなく
将来はオリーブや柑橘系フルーツなどを
島民え育て特産になればという夢もあるという
20代の若者がちいさな過疎の島に残る勇気
久しぶりに応援したいと思いました。
e0130607_2045870.jpg



「Ristorante MATSUSHIMA」
      唐津市鎮西町松島3488-1
      080-2738-2655
  ランチ11:30のみ 完全予約制
[PR]
by case_yamamoto | 2016-10-31 20:11 | ヒト
専務(五朗~二朗)
今日は

五朗専務の命日
e0130607_20182633.jpg


みんなで法要に行ってきました。

早いもので丸2年

今となっては、スタッフの半分は五朗を写真でしか知らない。

それでもありがたいことに参列してくれました。



ケイスは五朗なしには語れない。

会社設立の立ち上げメンバー

朝の出勤から深夜の帰宅までのハードな日々の私達に
まったく同じ生活リズムでフラフラになりながら付き合い
会社でひとり留守番も多かった。
飼い犬としてはハードすぎて決して楽な生き方ではなかったはず。
それでもいつも笑顔をふりまき
あたたかなフサフサの毛に触れるだけで癒された。
そして、最後は
ちゃんと看取れる完璧な日を選んで旅立った。


次の専務を迎えるにあたり
このコピーが背中を押してくれた。
e0130607_20461163.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
死ぬのが恐いから

飼わないなんて、

言わないで欲しい。


おうちを汚すから飼わないというなら、

犬はお行儀を身につけることができる。

留守がちだから飼わないというなら、

犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力するかもしれない。

貧乏だから飼わないというなら、

犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・死ぬのが恐いからって言われたら、

犬はもうお手上げだ。すべての犬は、永遠じゃない。

いつかはいなくなる。でもそれまでは、

すごく生きている。すごく生きているよ。

たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、

飼い主たちは、大変であつくるしくって、

幸せな時間を共有しているはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、伝えて欲しい。

犬たちは、あなたを悲しませるために

やっては来ない。あなたを微笑ませるためだけに

やって来るのだと。

どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を

預かってみるのは、人に与えられた、

素朴であって高尚な楽しみでありますよと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


五朗がそうであったように二朗はケイスにたくさんのものくれる。
たいへんなことも、めんどくさいことも、なごませたり癒しや笑顔も

五朗にしてやれなくて心残りだったこと
できるかぎり体験させたりすることで
心が少しづつ軽くなるのを感じる。


そして五朗はこれからもケイスを見守り続けてくれるはず。
[PR]
by case_yamamoto | 2016-10-19 21:03 | ヒト
cadillac
e0130607_18283566.jpg

22歳 
かなりの年齢とはいえ
e0130607_18174988.jpg


今年の猛暑と湿度ものりこえ、、
ちょっと曇って涼しくなったら元気元気
e0130607_18193171.jpg

ニューフォレストポニー種というやや小柄な部類
e0130607_175527.jpg

                      (右から3番目と同じくらい)


前髪切られて
チョと幼い感じになってかわいいおじいちゃん
e0130607_1826015.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-09-07 18:29 | ヒト
コンテンポラリーフラワーアーティスト nicolai 2

太宰府天満宮 【屋内特別展示編】

宝物殿とだざいふ遊園地のあいだの文書館
時間になっても入場できない・・・
メディアの撮影が押しているとのこと
朝とは言え炎天下 汗が吹き出ながら待ち。
e0130607_10473791.jpg

e0130607_10475369.jpg

なんと、準備ができていないとかなんとかでチケットさえも売ってくれない。
が、入場間際にニコライ登場にボヤキ帳消し。

さっそく外からもチラ見えしていた内部へ
なんともアバンギャルドな世界観が繰り広げられております。
e0130607_10482443.jpg

e0130607_10483867.jpg

e0130607_10485295.jpg

e0130607_1049544.jpg

e0130607_10491746.jpg

e0130607_10493122.jpg

e0130607_10494737.jpg


e0130607_1050767.jpg


e0130607_1052186.jpg


e0130607_10502464.jpg

e0130607_10503984.jpg


e0130607_10505695.jpg

e0130607_10511686.jpg


e0130607_10514295.jpg

e0130607_10522675.jpg

e0130607_10523756.jpg


e0130607_10525366.jpg


e0130607_10531033.jpg


作品たちは一見の価値ありましたが
ライティングが残念でした。
決して明るくはない日本建築、全方位から投光器で照らしあげられていて~


やはり、自然光の演出にはかなわない。
e0130607_10532771.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-16 11:15 | ヒト
コンテンポラリーフラワーアーティスト nicolai 1
ニコライ・バーグマン
1999年、父の仕事の関係で来日し、
日本の花屋で修業をした
デンマーク出身の世界的フラワーアーティスト

北欧スタイルに日本の伝統、季節をも取り入れた斬新でとても魅力的作品の展示が開催された。

今回のテーマは
「新花ーSHINKAー」
会場を太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社を舞台に
伝統と歴史的空間に繰り広げられる
コンテンポラリーな切り口のアレンジメント。
e0130607_20574953.jpg

この梅雨真っ只中の週末、
幸運にも
つかの間の青空のもとで体感できたのでした。

太宰府天満宮 【屋外編】

参道終わりの最初の鳥居がインスタレーションのはじまり 花の結界
e0130607_20583175.jpg

e0130607_20584619.jpg

延寿王院前 紫陽花の階段
e0130607_2059421.jpg

e0130607_20592492.jpg

浮殿 浮遊するリース 花のトッピング付きドーナツ風
e0130607_2059447.jpg

e0130607_210086.jpg

太鼓橋の堂 階段に更なる花の太鼓橋がかかる
e0130607_2104066.jpg

e0130607_2105511.jpg

心字池 南国の様相の花島出現 蛙もびっくり
e0130607_2101860.jpg

e0130607_2112566.jpg

灯籠の足元もオシャレしてます
e0130607_2193098.jpg

e0130607_2194644.jpg

誠心館の大樹の下に色白の「まっくろくろすけ」
e0130607_2110674.jpg

絵馬堂 列柱の内側に 迫力の花柱
e0130607_2110251.jpg

e0130607_21104268.jpg

天神広場 大きな格子箱の内壁は蘭で埋め尽くされ
e0130607_2111217.jpg

e0130607_21115940.jpg

e0130607_21121183.jpg

楼門 両サイドに捧げられた花玉
e0130607_21122622.jpg

e0130607_2112435.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-14 21:17 | ヒト
若者たちよ 11
「やべ~!あの犬、殺傷能力あるぜ!!!」

二朗の散歩中、前方より中学生男子の集団


もしかして見ただけでバレたのか?
毎日のようにモノを破壊しておなかの中に入っている凶暴さが・・・



! だんだん近づいてくる一団 !



「やべ~~~」

「ゲキかわ!」

「キュン死!」  「即死!」

「コーギーバリかわいい!」      と口々に発して通り過ぎた。



褒められたのか?

理解不能

最後まで聞かないといかんな、最近の子の言葉は。
[PR]
by case_yamamoto | 2015-12-16 17:16 | ヒト
ハイジ
博多どんたくも終わり、じつに過ごしやすい毎日です。

e0130607_18462895.jpg

                 ↑ ケイスビルもどんたく一色でした ↑



見物の人だかりでごった返す天神のど真ん中で
「アルプスの少女 ハイジ」展に行ってまいりました。

懐かしいのはもちろんもちろん

何より

海外旅行も容易でない40年も昔に
宮崎駿をはじめとする製作スタッフは
スイス、アルプスを肌で感じてアニメに反映させる為にロケハンに行っていた!

おかげで、純真無垢で自転車で行ける範囲の世界しか知らなかった日本の少女達に
なんと忠実にアルプスの風景や生活を伝えてくれていたのかという感謝感動
どんなに遠いところか想像もつかないながらも
本気で「行ってみたい」と思わせてくれた。
だれしもの記憶の真ん中の奥~のほうに刻まれている「アルプスの少女ハイジ」
e0130607_1904299.jpg

        会場で上映中の映像に涙し、ポストカードと白パン 買ってしまった。
[PR]
by case_yamamoto | 2015-05-08 19:03 | ヒト
決戦は日曜日
久しぶりに西鉄電車に乗りました。

天気の良い休日の昼間  ほぼ満員

相席で座らせていただいた隣の70代(推定)先輩

傍らのドリンク さすがです。


e0130607_1971545.jpg

ファイトバクハツ
 ストロング


メラメラメラメラ~~~ ラベルの炎が燃えさかっております。

腕組みも力強く戦闘態勢

この朗らかな日曜日に
今から、超バクハツするほど気合いを入れて どこへお出かけなのでしょうか。

I wish you good luck!
[PR]
by case_yamamoto | 2015-04-06 19:37 | ヒト