山本容子のアンテナにふれたモノ・コト・ヒト
by case_yamamoto
カテゴリ
全体
モノ
コト
ヒト
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
crescent
最新のコメント
ゆきこさま 更新がすっ..
by case_yamamoto at 13:40
こんにちは~。スッキリし..
by ゆきこ at 14:58
ちょっと欲しくなりますよ..
by case_yamamoto at 21:46
ほんと!!カップがかわい..
by you at 22:06
どうもどうも。 ご報告..
by case_yamamoto at 23:21
待ってました!韓国旅行編..
by ゆきこ at 06:23
コードがないっていうスト..
by case_yamamoto at 13:18
あらー、コードレス、良い..
by ゆきこ at 00:07
gouさん ええ。。評..
by case_yamamoto at 21:14
youさん おまたせ~..
by case_yamamoto at 21:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:モノ( 143 )
飾ります
たまには仕事もアップしろとのお声がありまして。。。

5月後半は天気にも恵まれ竣工物件の撮影三昧

撮影時に建物の中にチョイチョイと有機的な要素を投入する役も私の仕事

佐賀の某旅館の離れ(詳しくは後日WORKSの物件で)

各部屋の玄関に大きな飾り処がありまして~
e0130607_212248.jpg

この棟だけ照明が自然光のようなさわやかな光なので
古い鞍飾りを利用して枝物をおおらかに
e0130607_21243818.jpg


こちらは格子が大きな特徴の棟で正面が閉じているので
脇の板部分に韓国で入手したシャープなスチール製の花器を置きました。
e0130607_21282494.jpg


スサ入りの鶯茶の塗り壁が落ち着いた雰囲気の棟
e0130607_2132999.jpg

古民具の糸巻きの上に現代の焼き物を乗せて高さを出し
鉄線を躍らせたら影が面白い
e0130607_21333123.jpg


部屋の名前も、家具のテイストもやさしい雰囲気の棟には
籠にかわいらしいピンクの花付きのドウダンツツジを盛りました。
e0130607_2137421.jpg


畳の間にも1輪
利休草は花がなくてもさまになる
e0130607_2142797.jpg


鉄線は茎が細いので
繊細な花器に入れると凛としたよい緊張感が出ました。
e0130607_21443230.jpg

背景が障子なのでシルエットが際立ちます。
e0130607_21441864.jpg


私ではないですが
我家の皿達がいい仕事しました。
e0130607_11232776.jpg

福岡天神のPR用リーフレットの表紙
ソウル・台湾・上海で配布中
インターナショナル!
このかわいらしい桜色の皿は

アリタポーセリンラボの商品でございます。
[PR]
by case_yamamoto | 2017-06-01 21:50 | モノ
ガラスペン
7月に入り
福岡は、真夏のような暑さ。

梅雨明けるなら明けて欲しい・・・
追い山を合図に明けることが多い博多ですが
去年は7月末だったことを思い出すと今年も嫌な予感。

ガラスペンは明治時代に日本人が考案。
「書けるガラス細工と言われ、先端はとても繊細。
インクが乾かなければ、ハガキ一枚くらいインク付け直しなしで書ける優れもの
万年筆と違って、硝子の先端を洗えばインクの色も簡単に変えられる。
e0130607_16533855.jpg

持ってヒンヤリ、見た目も涼しげで夏にはピッタリの筆記具
さて、この空色のペンのホルダー(ペン立て)を探しに
e0130607_1654058.jpg

悩む~。
色の濃いのもニュアンスがあり惹かれるしブルーであわせてもいいかも
立てた時のペンとの相性(フィット感)も大切
e0130607_16541783.jpg

最終選考に残った3つ
e0130607_16543317.jpg

個性的なものを選びがちな私。
しかし今回はあえてニュートラルな透明に決定。
e0130607_16544851.jpg

           中に季節感のあるものを入れて楽しめるかなという魂胆
           水色のあじさい入れてみた。

           夏は何を入れよう。
[PR]
by case_yamamoto | 2016-07-07 17:28 | モノ
窓廻りのテキスタイル
先週は展示会続き。
スイスのインテリアファブリックメーカー
クリエーションバウマンの新作展示会

PROPOSTAさんへ
窓廻りに大切な、色や透け具合など質感を「住宅」に近い環境で体感できる
中庭を配した素敵なインテリアショールーム
e0130607_15144887.jpg

e0130607_1515336.jpg

e0130607_15145916.jpg

e0130607_15152149.jpg


近年ボタニカルモチーフはとても多く発表されます。
草原の草花やてんとう虫などをカラフルにあしらったレース
e0130607_15244873.jpg


金属加工で遮熱効果がありながら透け感のあるレース
天然の日よけである木陰に覆われたような心地よさ
ダーク色をチョイスすればシックな雰囲気
e0130607_1532249.jpg

新緑の枝葉を大胆にデジタルプリント
e0130607_15341120.jpg

ネイビーも素敵
右手の無地は、ラインがストーンと落ちるので
バーチカルのような縦ラインが美しくモダンな空間に似合う
e0130607_15364269.jpg


糸ではなく繊維をきめ細かく織り上げたトロトロの質感は
裾を床にたゆませると綺麗
e0130607_15431955.jpg

流れるようなシワ加工が施された玉虫色のレース
裾の縫製までシワのままに生かされている
e0130607_15434173.jpg


色柄だけでなく、
吸音ファブリックに金属蒸着という特殊な加工により
防音、遮熱、グレア防止、紫外線防止などの
音、光や熱をコントロールする機能性を持ち合わせる商品が多く発表されていて
まさしく機能美。
e0130607_1559530.jpg


それらにあわせて
メタリックメッシュ素材のタッセルも相性の良い質感
e0130607_15435585.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-29 16:04 | モノ
光彩と陰影
見た目涼やかな花器が出番の季節

夏の花を容れる硝子のゆるりとしたシルエットが映りこみグラマラス
e0130607_1919382.jpg


同芯円に広がり落ちる影は水の波紋のよう
e0130607_19195541.jpg



先週、
照明メーカーのダイコーの新作展示会にて
光と影の効果を生かした美しい間接光があった。
e0130607_19201129.jpg

ライン照明から放たれる光を連続した単純な反射板により増幅させる
e0130607_19202367.jpg

足元だけでなく天井に向けてアッパーにしても効果的

住宅等、空間によっては派手になる可能性もあるが
店舗など印象的な演出を求められる場合など使えそう。
e0130607_19203541.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-27 19:39 | モノ
夏はハンカチ代わりに

関東は水不足が深刻な様子

九州はおかげさまで湿度の高い梅雨らしさ・・・というか
今日は雷を伴う激しい雨
土砂災害が心配な地域の無事を祈ります。

雨の日や汗を拭うほど蒸し暑い日は
ハンカチではモノ足りない気がしませんか?

最近手ぬぐいの良さに気づいて
主に夏は手ぬぐい派。

近年、インテリアのひとつとして飾る用のものもよく見かけますが
実はとても実用的。

綿100%でタオルと等しい大きさなので吸水力倍以上
畳めばハンカチとほぼ同じボリュームなのでかさばらない。

日差しよけにも充分な大きさだし
冷房が効きすぎる新幹線移動の際など
膝にかけるだけで随分冷えすぎから守ってくれる。

夏は白いシャツの装いも多い
食べこぼしのシミ防止の大判のナプキンとしても重宝。

この頃は
古典柄だけでなく色柄も美しいものも多く、価格はハンカチと同等
e0130607_2223252.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-20 22:11 | モノ
曲げ木の椅子
アルフレックスが曲げ木の商品を。

ミラノサローネの報告を兼ねた
曲げ木ブランドGTV(ゲブルーダー トーネット ヴィエーナ〉社の新製品を展示を見てきました。

現行品はもちろんのこと
e0130607_1552968.jpg

見どころは
約170~180年前に作られた歴史的製品の数々も特別展示。
e0130607_15455100.jpg

生みの親のミヒャエル・トーネットさん(1796-1871)
e0130607_15143021.jpg

木を蒸して柔らかくしてからこの型にはめて形成する技術(曲げ木)を発明し
大量生産を実現した。
e0130607_1562737.jpg

No1チェア この背のデザインのカーブの木の細さ
e0130607_156060.jpg

いまもそのままに。
e0130607_15162810.jpg

アールデコの10年前にソレを先取りしたデザインを発表
e0130607_15195119.jpg

伊藤博文が活躍する時代に日本人がNo14をもとにセミオーダー
e0130607_15202082.jpg

日本人の体格にあわせ座面がやや低く
畳の上でも使いやすいよう(畳を傷めないよう)すり足になっている
e0130607_15203452.jpg

これは、ビリヤードを観戦するための椅子!?
前後逆に(背もたれをまたぐように腰掛け、クッション部分に肘を置く。
両サイドの小さなトレイに灰皿を置けるようになっている。
e0130607_1527054.jpg

木製テニスラケット
e0130607_1530185.jpg

指揮者の為の譜面台(両面)
e0130607_15345171.jpg

日本にやってくるにあたり高~い保険がかかっている
なかなかお目にかかれない代物たちでした。


その歴史をふまえ
最小カーブの連続で構成されたウォール
このままオブジェとしても面白いですが
ストールや帽子などを掛けることも出来る実用性も。
e0130607_15383010.jpg


近年、ヨーロッパではテーブルの正面にパネル状のものをドッキングさせる
ドレッサーのようなデザインが多く見受けられるそうです。
e0130607_1540334.jpg


ソファもレディーライクでエレガントでした。
e0130607_1543827.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-13 15:45 | モノ
いつかは欲しい椅子
H.L.D. にて「エッグチェア」張り込み実演イベントなるものがあり参加。

エッグチェア=ザ・エッグ(The Egg)
“たまご”のカタチをしたやさしいフォルムが体をすっぽりと包み込み、
このうえないくつろぎを与える美しくも贅沢な椅子

この発砲ウレタン成型でつくられた当時(60年代)のハイテクチェアは
SASロイヤルホテルのためにデザインされました。
今もなお当時のまま残されている606スイートがあまりにも有名です。
e0130607_204588.jpg

e0130607_19562616.jpg

                                    写真:北欧フィーカより
いまは、影もカタチもありませんが
以前、福岡でも西鉄グランドホテルのロビーにあり
用もないのに座りに行ったものです。
回転します。
上写真のように向かい合わせで座れば個室ぽく
庭や壁を向いて座ればプライバシーがかなり確保できる
あまりのスッポリ感に待ち合わせ時は
座る向きにより相手がなかなか見つからないとう弱点もあり

デンマークのフリッツ・ハンセン社の職人が「エッグチェア」の革の縫製を実演
職人を交えてのトークセミナーでした。
マーティン ゴーディアン氏のご挨拶
e0130607_2065766.jpg

アルネ・ヤコブセンの建築やプロダクトの話を聞きながら
かたわらハンス マンナーハーゲンさんのソーイングを見る
e0130607_20113094.jpg

この有機的なフォルムは
ヤコブセンが手で彫刻して作り上げたため左右対称ではないらしい。
e0130607_20114550.jpg


針は革4枚分を通しながらかなりの力で縫う
e0130607_20141538.jpg

そのハードさは縫製職人の手に表れる
e0130607_2012123.jpg

丁寧に丁寧に、革の場合1100ステッチを越えるらしい
e0130607_20144991.jpg

最後はなんとアイロンで整える。革に対するその加減は熟練を要する。
e0130607_20173028.jpg

このまぁるい底に
e0130607_2019933.jpg

脚をハンマーで打ち込んで
e0130607_20192393.jpg

フィニッシュ
e0130607_20193938.jpg

ツギハギのない革は1脚で2頭分の大きな牛から・・・
ソレを考えると複雑ですが
長年の、いつかは欲しい椅子No.1


国王がオーダーされたもの同じ上質な革の型抜きをいただきました。
e0130607_20223381.jpg

組み立てると、ポーチ。
e0130607_20224635.jpg



久しぶりに面白かった。
[PR]
by case_yamamoto | 2016-06-06 20:37 | モノ
マイナーチェンジ
天神某ファッションビル内
ブティックを造作をほとんど触らずSHOP兼セミナースペースへのご依頼


【ファサード】
e0130607_1155433.jpg

                       
e0130607_11563414.jpg

什器を整理し、見渡せる奥行き感を出すことで各コーナーの空間への期待を持たせる



【ギャラリースペース】
e0130607_1157430.jpg

                       
e0130607_11574633.jpg

ライティングの向きを調整し、強い光ムラを整え作品・商品を見やすく



【カウンセリングコーナー】
e0130607_1158638.jpg

                       
e0130607_11582944.jpg

高さをあわせるためにブルーに塗った壁と、センターテーブル上に大きなペンダントライトを低く下ろし、リラックスした落ち着いた雰囲気に



【セミナースペース】
e0130607_11584936.jpg

                       
e0130607_11591796.jpg

陰影が美しいフォルムが印象的な照明を連続して並べることでリズムが出て
ミラーへの映りこみも楽しい



やはり、空間において照明とカーテンの効果は大きい。
ダウンライトを間引き、シューティングで向きを整え
パーティション代わり透け感のあるカーテンが美しい結界を生む
e0130607_12251592.jpg

e0130607_11593612.jpg

[PR]
by case_yamamoto | 2016-05-11 12:33 | モノ
X’mas Swag
一年前からはじめたCASEBLDGエントランスのマンスリーディスプレイ
ひそかに好評で、いろいろお声をいただきます。

今年の締めは
フレッシュの「X’mas Swag」

リースと並んでクリスマスの伝統的な飾りのひとつ
モミなどの針葉樹は一年中緑色が絶えない常緑
「永遠の命」や「魔除け」の意味とのこと。
次第にドライになっていきますが
今はまだ
すがすがしいグレーンの香りがエントランスにただよいます。
e0130607_17231239.jpg

                                           by Cerise


まだ本格的に寒くはないので実感がないですが確実に迫る年の瀬
慌ただしい12月に深呼吸。



別のディスプレイ用に発注した商品の緩衝材が英字新聞で丁寧に梱包されていました。
e0130607_1728294.jpg

人の気持ちは単純です、オシャレでチョとした心使い、嬉しかったです。
[PR]
by case_yamamoto | 2015-12-09 17:32 | モノ
縁起物いただきました
私どもの大切なクライアントのおひとり関東のS様より

素敵なプレゼントをいただきました!
高千穂のわら細工「祝い結び」の縁起の良いお飾り
e0130607_1585448.jpg

一度結ぶと簡単に解けない結び方で編んだ注連縄で
「悪いことが二度と起こらない」という願いが込められているそうです。

「人と家を繋ぐお仕事をされているCASEの皆様へ、伝統を繋いでいる物を」との
温かいお心遣いに感謝。

正月用ではなくずっと飾っておけるものらしくシンプルで美しいです。
e0130607_15175180.jpg

                 CASEの入口に飾らせていただきました。


私どもは家やご商売のお祝い事に携わらせていただき
喜びを共有させていただくありがたい仕事です。
いままでの、そしてこれからのご縁をしっかり結び
たくさんの「祝」のお手伝いができますように~
[PR]
by case_yamamoto | 2015-10-30 15:26 | モノ